8.新撰組 (土方の戦死)

2016年8月 2日 (火)

箱館戦争

 

1868年、旧幕府による江戸城無血開城により、新政府が決定した徳川家への処置は、駿河、遠江70万石への減封という厳しいものであった。

 

これにより徳川家は約8万人の幕臣を養うことは困難となり、多くの幕臣が路頭に迷うことを憂いた海軍副総裁の榎本武揚は、蝦夷地(現在の北海道)に旧幕臣を移住させ、北方の防備と開拓にあたらせようと画策する。

 

近藤を失った新撰組は、土方が島田魁ら数名の隊士のみを連れて大鳥圭介らが率いる旧幕府軍と合流し、北へ北へと転戦し、仙台で榎本武揚らと合流すると、蝦夷地に渡った。

 

蝦夷地を本拠とする松前藩は、新政府軍に付いていたので、旧幕府軍は松前藩に対して降伏勧告の使者を送るが殺された。

Photo_24

旧幕府軍は箱館の五稜郭を占領後、土方歳三を総督として彰義隊・額兵隊・衝鋒隊などからなる700名が松前城に到達すると、数時間で落城する。

松前兵は城下に火を放ち、江差方面へ敗走した。

 

 

その後、五稜郭を本陣に旧幕府は榎本武揚を総裁とする「蝦夷共和国」を成立し、土方は大幹部として陸軍奉行並となり、箱館市中取締や陸海軍裁判局頭取も兼ねた。

 

Photo_25

186949日、新政府軍が蝦夷地乙部に上陸を開始。

 

土方は、二股口の戦いで新政府軍の進撃に対し徹底防戦し連戦連勝を重ねるが、土方軍が死守していた二股口とは別の松前口が突破され、敵に逃げ道を塞がれる危険性が出たので、土方軍はやむなく二股口を退却し、五稜郭へ帰還した。

Photo_26

 

1869511日、新政府軍の箱館総攻撃が開始される。

これによって、京都時代から土方になついていた新撰組の島田魁らが守備していた弁天台場が、新政府軍に包囲され孤立してしまう。

 

土方はわずかな兵を率いて出陣、箱館一本木関門まで来ると、敗走してくる味方に対して「退く者を斬る!」と一喝し、鬼神のごとく戦うが、銃弾が土方の腹部を貫き落馬する。

 

側近が駆けつけた時にはもう絶命していたという。

5_2

 土方歳三

 


その6日後、蝦夷共和国は新政府軍に降伏する。

 

榎本武揚や大鳥圭介は投獄の後に、新しい時代に必要な人材として政府要職に就く。

 

明治政府は、新選組隊士の遺族らに遺品の所有を禁じた。

 



かなり簡略化し、玄人向けではないけれど深い、歴史や伝説などを表現するブログ

歴史や伝説の偉人を5行で表現するブログ

700x1000_2